”草津市地球冷やしたい”視察研修~キリンビール株式会社 滋賀工場~

こんにちは!

 

今年の冬は記録的な暖冬だと様々な方面で言われている通り、本当に暖かい日が続いていますね。

暖冬、、、布団から出たくないような寒ーい朝が少ないのは個人的にはありがたい事なのですが、雪が降らないことで困られている方々も多くいらっしゃるので、”寒くない冬”もいい事ばかりではなさそう。

 

日本には四季が存在する以上、やはり寒い季節は寒い!が本来のあるべき姿でしょうね。

 

これもまた、地球温暖化が確実に進んでいる証なのでしょう。。。

 

地球温暖化はその名と通り地球全体の話。

そんな、規模の大きな大きな問題について我々個人レベル、また弊社のような小さな会社レベルでできる事には限りがありますが、産業廃棄物を扱う事業者として何かできないのか?

できる事には積極的に取り組んでいこう!と弊社は考えております。

 

その中のひとつとして、先日「草津市地球冷やしたい」の推進協議会様が開催されている視察研修に行ってきました!

 

滋賀県彦根市のほど近く、多賀町にあるキリンビール株式会社 滋賀工場さんまで視察に行ってきました^^

 

到着後、まずは工場見学。

ビールができるまでの製造工程を見たり、

 

原料の現物を手に取って匂いを嗅いでみたり、、

 

ビールの元となる麦汁を実際に飲み比べたり、、、

酵母の発酵や、醸造工程の巨大なタンクを間近で見たり。

工場1階から、写真で見えている2階まで続いている高さ10m以上もあるタンク。

あぁ、このタンク1基でどれくらいの重さなんでしょう?

手をしずくの形にした影に反応して発酵過程のアニメーションが映し出されるテーブルや、缶にビールを充填している様子を断面から見られるようにしたモニター映像など、やはり一流企業の工場見学だけあって、「魅せ方」にも様々な工夫が。

 

工場見学と言うより、もはや”体感型エンタテイメント”であるなと。

見学終了後には、もう完全に「ビールの口」になってしまうのはさすがでした!

見学終了後、ビールの口をなんとかお茶で落ち着かせ(笑)

 

ここからは、キリンビール滋賀工場さんが環境について取り組まれている事について講義を受けてきました。

講義中は話に集中していたので一切写真を撮っていないのはあしからず。(笑)

 

工場として排出されるゴミのリサイクルはもちろん、瓶ビールに使用される瓶の再利用(リユース)までの工程や、排水処理後の汚泥物の再利用方法など、企業として非常に熱心に取り組まれていることがひしひしと感じ取れました。

 

また資源の削減として、梱包材や容器の軽量化にも積極的に取り組まれているので、それによって温室効果ガス(CO2)の削減にも大きく寄与されています。

 

こうした取り組みひとつひとつについて、大変参考になるアイディアをたくさん吸収できました!

 

会社での大小や個人規模での差はあれど、まずは

 

「できることからやっていこう」

 

そして、

 

「できることは全てやろう」

 

へと、意識をシフトしていくことで弊社としても少しでも地球温暖化防止に貢献できれば!

そう感じた視察研修となりました^^

 

まぁ、暖冬と言いながらも季節は真冬でございます。

外に出れば気温は低く、昼と夜での寒暖差もあります。

 

まずは!とにもかくにも体が資本です!

皆様、体調管理には十分お気を付けください。

 

それでは!